P1040276
P1060143
P1060292
P1040278
P1050092
P1060386
previous arrow
next arrow

トップページ


 自然に寄りそいながら、自然の営みのなかに日々暮らし、60余年の歳月がながれました。
 幾星霜を重ねたヒュッテの佇まいも、霧ヶ峰のほぼ中央に位置する「沢渡り」の風景といつしか同化しながら、今ではすっかり、この地に馴染んだ景色を創造するに到りました。
 霧ヶ峰の火山台地の一隅の、水ならの小さな森は木陰をつくり、また静かな環境を創り出し、それらはヒュッテの歴史のひとつ、ひとつに重なります。
 お蔭さまで日々訪ねくる皆さまに支えられながら、長い営みが続けられる仕合わせを思います。
 春夏秋冬、訪ねるたびに、皆さまならではの、また霧ヶ峰ならではの、心に残るよき山旅(物語)を広がる草原に積み重ねられますよう希望します。
 かつて 詩人尾崎喜八先生の名付けた「ヒュッテ ジャヴェル」は、霧ヶ峰を「歩き愉しむ」、「ハイカー」の皆さまの山小屋です。

  Hutte Javelle since 1952

新緑の季節です

      ご案内 

冬の名残りの冷たい風も消え、ようやく霧ヶ峰の野に春が訪れました。

里の「そめいよしの」から、一ヶ月遅れの「おおやまざくら」が淡い朱色に「たちつぼすみれ」の濃紫が石垣に花開き、小鳥は早朝からさえずりと営巣に懸命に励んでいます。

「ひがら」「みそさざい」「きせきれい」など、小枝を右に左に行ったり来たり。「うぐいす」は谷渡り。

霧ヶ峰も遅ればせながら、緑の季節がはじまります。

五月の和かな日射しのもと乗鞍岳をはじめ、槍、穂高、御岳、南の仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳など、残雪が沢筋に白きを印し、春風とともに望岳の季節です。


 

 

  • おおやまざくら
    五月の連休に庭の老木「おおやまざくら」の花が咲きました。幾たび見れどその都度こころに残る淡い朱色です。今年も見事な開花で […]
  • 窓辺の花
     5月にプランターに種蒔きしたナスターチュームが花開きました。これから晩秋の霜が降りるころまで次つぎに花はつづきます。  […]
  • 盛夏の訪れ
    7月のニッコウキスゲも6月のレンゲツツジの群落も、ひとまず終わりました。 春からのウグイス、ヒガラ、ときどきカケスの姿が […]
  • 春のさかり
    春のさかりが訪れました。  ご覧の写真はオオカメノキの花です。今年の春はどういう理由か花をたくさんつけました。春を代表す […]
  • 寒の戻り(Ⅱ)
     3月下旬まで暖かい日が続き、春の訪れも早いだろうと誰もが予想した。  しかし、現実は自然の気まぐれか、4月は一転して低 […]

タイトルとURLをコピーしました